予防歯科とは?歯の病気は予防するのが大切なのはなぜ?

「予防歯科」というのを聞いたことがありますか?虫歯になってから歯医者に行くというのが普通ですが、予防歯科は虫歯を予防するために歯医者に通うことをいいます。

最近では、予防歯科を重要視する声が高まってきており、そのために歯医者に通う人も増えてきているといいます。ここでは、歯の病気を予防することがどうして大切なのか、また、予防歯科の内容についてお話したいと思います。

歯の病気は治療するよりも予防する方がメリットが大きい

予防歯科

多くの人にとって歯医者に行くのは、歯が痛みだしたり、歯茎に何か異常がみられるようになったりした場合ですよね。この場合、すでに歯や歯茎は病気になってしまっています。

風邪や腹痛などと違って、歯は虫歯になると自然と治ることはありません。また、虫歯になった歯は二度と元の歯の状態になることはありません。そのため、虫歯になってから歯医者に行くと、歯を削って虫歯の部分を取り除いてから、金属やプラスチックの詰め物を詰めることになります。そして、さらに虫歯が酷くなると歯を大きく削って金属などの被せ物を被せることになります。

実際のところ、歯は削る度に弱くなってしまいます。また、歯を削ったり、歯の根の部分を治療したりと歯の治療には時間と費用がかかります。ですから、虫歯は作らないようにする、つまり予防するのが一番良いのです。

虫歯の予防として効果的なのは歯磨きです。歯磨きくらいなら、歯医者に行かなくても自分でできるものですよね。しかし、虫歯になった人の多くは「歯は磨いていたのに」と言うことが多いといいます。つまり、自分できちんと歯のケアをしているつもりでも不十分であることが多いのです。

ですから、自宅でのセルフケアに加えて、予防歯科でプロによる定期的な検査とメンテナンスを受けることで虫歯を予防することのメリットは大きいといえます。

予防歯科で治療してもらえる内容

予防歯科では、虫歯や歯周病といった歯と歯茎の病気を予防するためのケアを行ないます。具体的には、歯の検査や歯周ポケットの深さを測った後に、歯石があるようなら機械や器具を用いて歯石除去を行ないます。
さらに、虫歯と歯周病の予防のためにPMTCとフッ素塗布が行なわれることが少なくありません。

PMTC

PMTC

PMTCとは、簡単に言うと「歯のクリーニング」のことです。タバコのヤニやお茶やコーヒーなどの影響で着色した歯を専用の器具で磨いてきれいにします。

歯がきれいになるのはもちろんですが、虫歯や歯周病の予防に効果的なので予防歯科のプログラムで積極的に行なわれています。

フッ素塗布

フッ素

フッ素は歯を強化して虫歯を予防する働きがありますし、ごく小さな虫歯であればフッ素によって修復することも可能です。

PMTCの仕上げにフッ素塗布を行なわれることも多くあります。

予防歯科では、歯や歯茎の健康状態を調べて必要なケアをしてもらえますから、歯と歯茎の病気の予防にとても効果的です。ですから、病気になってから歯医者に出掛けるよりも、病気を予防するために歯医者に出掛けるのを習慣にしましょう。そうすることで、私達の生活の質をもっと向上させることができます。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい

0480-26-0118

10:00-13:00/14:30-20:00
(日祝は18:30まで)金曜休診

  • 久喜駅地図
  • ご予約・お問い合わせ

お車の方はイトーヨーカドーの
駐車場が無料です

JR東北本線・東武伊勢崎線
「久喜駅」西口 徒歩10分

診療時間

▼日曜・祝日は18:30まで

地図

〒346-0003 埼玉県久喜市久喜中央4-9-11
イトーヨーカドー久喜店5F